スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

perfume

2012.05.27

perfumeファンなら、この曲好きな人多いんじゃないかな?
歌詞もいい!

Zero Gravity(無重力) 鍵は君の中にあるよ♪




The best thing(一番大切なもの)

You are my heart,my life,and my soul.
I love you more than words can say.Ah
You are my heart,my life,and my soul.
The best thing that I can do is to show you now.
(ねえ、気付いてよ。あたしの中のキミに
言葉じゃうまく言えないの
ねえ、気付いてよ。キミの中のあたしに
キミに全てあげるわ)



スポンサーサイト

フリーエネルギーと反重力

2012.03.23

リンクを貼らせて貰ってる「山田貢司のどこに行くのか?バカボン一家」の貢司さんが<電磁力渦加熱システム・原理模型>
を作ってしまいました!おめでとう。。

理論を一つの形にし、これからの展開に期待。
拡散OKということで、ここに転載します。



(転載開始)

ご無沙汰しておりました。
一家でカゼをひいた上に、夜な夜な波動検証実験を繰り返しまして、私だけ未だ洟を垂らしております。

この実験はこのブログのテーマである波動とは?そして人類がこれをどう利用できるのか?を具体的に一歩進めるために必要でした。
まずは動画をご覧頂きたいのですが、我家にビデオカメラは無く、携帯での撮影のためやや不鮮明ですが、意味は解っていただけると思います。


波動理論を証明する実験。
発展させればFree Energyや反重力エンジンにも応用可能。


過去記事「正十四面体_波動基礎理論」で解説した通り、波動は六角形の頂点の向きに①⑧(エーテルX軸、絶対零度)、②⑦(エーテルY軸、破壊愛)、④⑤(4つの力、時間軸)の力がかかり、さらに面と90度に③⑥(エーテルZ軸、感情)の力が働きます。
その力の作用を磁石を使ってのシュミレーションなのです。
実験体の切頂十四面体の中心には上下4方向づつ、計8方向からの③⑥(エーテルZ軸、感情)を仮定した力がかかり、磁界が中央部で渦になっているのです。
使用した磁石は子供の実験玩具です。極性の組み方に関してはchachaiさんの古典力学「八力」も考慮し、波動の方角に合わせました。
そしてピンポン玉は転がりやすさに重点を置き、切頂二十面体のサッカーボールをシュミレートした磁石配列にしました。安定を求めるなら十四面体配列など多様に考えられます。

実験結果は予想通りでした。
このノウハウは今や日本だけが取り残されている、マグネットモーターにも応用可能ですし、磁界を回転させることで、夢の反重力エンジンも可能でしょう。多分地球製UFOはこの理論だと思います。
また、高粘性の液中で浮遊体を回転させる「電磁力渦加熱」の基礎となるでしょう。(電磁力渦加熱はかなり前にビーちゃん[釈尊意識体]から聞いてました。)
そして何より、この実験で波動の方角が合っていることが実証できたので、言霊の方角が割り出せるのです。

想い巡らせば切りがないのですが、如何せん社会覚醒と伴にしか新技術は進みません。
何せ動力やエネルギーの新理論は既得権者が阻みますから。時代劇宜しく、越後やと悪代官は今でもセットです。
そこをクリアするにはこころを使える人々の協調がすべてです。

(転載終了)



因みに、載せてしまって何なんですが。
過去記事の「THRIEVE」の映画の中で、宇宙力学から導き出した
トーラスというフリーエネルギー原理は、
この物理世界では成り立たないそうです・・・

貢司さん曰く、それらしいロジック(間違った理論)
で惹きつけ、再洗脳らしいです。

この世界の支配構造は、この映画でも言ってますが。
今更な感じですしね。。



ガイトナー逮捕 FOXニュースで報道される!

2012.03.05

ついに、ガイトナー逮捕の裏が取れた。
紛れもないFOXニュース、ルパート・マードック傘下の
米国大手メディアです。
この映像ではっきりと「Geithner is attetionally
facing criminal charges」と述べている。



この流れで米国追従日本も、ただじゃすまないはず。
洗脳からの脱却に繋がって行く事を願う。


洗脳で思い出したのでついでに。

【絆】という名の洗脳?


【「絆」の意味】 もともとは牛などの家畜をつなぎとめておくための綱。人の自由を束縛するという意味もある。


「絆」という言葉を政府が使って強制的に国民に毒物を食べさせている


スイスのラジオ論評 
日本国内では今『絆』等という言葉を政府が使って強制的に国民に毒物を食べさせている現状がある。特に子供の通うスクールで出される食事はアレルギー以外の理由で食べない場合教諭が子供の名前を呼びあげ『あなたは国民ではありません、裏切り者です』と言う信じられない言動を生徒全員の前で揶揄し毒入りの食事を食べる事を強制しているのです。
汚染が最もひどい福島の立ち入り禁止地区では政府が被曝した市民を見捨て、世界のメディアから 隔離するために演説や署名活動を禁止し、自宅軟禁扱いとしている現状もあります。
我々も取材を申し込みましたが安全上の理由から市民との接触は認められないとの通知を受けるだけで その後の質問には一切答えようとはしなかったのです。
世界一安全な国と言われ治安が守られてきた国が政府の乱心によって殺戮国家となった事例はジンバブエのムガベ政権以来で民主主義国家の崩壊を指示していると言っても過言ではないのです。

(転載終了)





放射能が大丈夫という人は、その人にとっては事実です。
だからといって、避難する者をとやかくいうのは・・・



ガイトナー米財務長官 逮捕!

2012.02.28

米財務長官 ガイトナー
ティモシー・フランツ・ガイトナー


目まぐるしく、要職にある中心的人物達が逮捕
されている中、ガイトナー財務長官の逮捕。

司法取引(情報提供)後、釈放との情報。
知りうる情報をすべて暴露してしまったことの意味は非常に大きい。

これにより、もう米国内で不正を働いた人間は逃げられなくなる。
http://www.news-us.jp/article/254362361.html




それに追い打ちかける様にウィキリークスのリーク。
ジュリアン・アサンジ氏
ジュリアン・アサンジ氏


「影のCIA」のメール500万件公表

陰のCIAと悪名高い米情報機関、
ストラトフォ-のメール、500万通をリークし始めています。

大企業や大手金融機関、米国政府の膨大なる
闇の裏工作の証拠が暴露される。

これらの情報の調査や評価には、全世界25以上のメディアが、
何ヶ月にもわたって、極秘に協力してきたそうです。

http://www.asahi.com/international/update/0227/TKY201202270372.html

毎日新聞社



世界の中銀総裁などの要職が相次ぎ辞職(逮捕?)

2012.02.26

2月に入ってから続いている。

先日、ベルルスコーニ元イタリア大統領も
偽造米国債事件で逮捕されたが、その他にも。
ブルームバーグやロイターが報じたが、日本のメディアは報じていない。
世界中のお偉方は次々と辞めていくようです・・・


世界銀行ゼーリック会長が辞任
ドイツのクリスチャン・ラフ大統領が辞職
ルーマニア首相と内閣が総辞職
4人の聖職者がバチカン銀行業務スキャンダルで告発
韓国為替銀行総裁が辞職
クウェート中央銀行総裁が辞任
ニカラグア中央銀行総裁が辞任
ケニア中央銀行総裁が辞任
イラン銀行のトップが辞任
スイス中央銀行のトップが辞任
ギリシャ銀行のトップはギリシャを去る
ニュージーランド準備銀行総裁が辞任
ロシア銀行の規制当局のヘッドが辞職
オーストラリア&ニュージーランド銀行グループのトップが辞任
イギリス:上級の個人銀行家が辞職します(クーツの私立銀行)
イギリス:サーンダソン・ハウス銀行の最高経営責任者が辞職
イギリス:ロイズ・ホールセールのトップが辞任
フランス:ソシエテ・ゼネラルの投資金融最高責任者が引退
スペイン:サンタンデル銀行のアメリカ最高責任者が辞任
スロベニア:最大の2つの銀行のCEOが引退
スイス:クレディ・スイスプライベート銀行のチーフアジアエコノミストが辞職
スイス:UBSの日本インベストメント・バンキング議長、松井泰樹が辞職
オーストラリア:ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド、豪州部門のトップが辞任
日本:野村ホールセール・バンキングのトップが辞任
アメリカ:ゴールドマン・サックスのロイド・ブランクファインの後任の準備
インド:Tamilnad商業銀行のトップが辞任
インド:Dhanlaxmi銀行の最高経営責任者が辞任
インド:Kotak Mahindra銀行のトップが辞任
インド:Beed地区銀行で多くの取締役が辞職
パキスタン:AJK銀行のトップが辞任
サウジアラビア:サウジHollandi銀行の経営責任の取締役が辞職
ガーナ:データバンクグループの経営幹部議長が辞任
http://www.news-us.jp/article/253941167.html



スポークスマンである、アレクサンダー・ロマノフによると、アメリカ、フランス、ロシア革命を起こしたと称するグループが、300名委員会に3月31日の期限を申し渡した。これに加えて、ハリー王子は、このグループに連絡を取り、英国王室の支配権をエリザベス女王から奪取することに同意した。



1ダースにも及ぶ職位の高い銀行家の辞職、英国での15兆ドルの詐欺、イタリアにおける6兆ドルの詐欺の告知のような、警告がまじめであるしるしが見られる。イタリアの場合には、逮捕されたものの中に前首相のシルビオ・ベルルスコーニが含まれているのが注目される。これに加えて、今週には、ホワイトドラゴン社会の代表とアジア大陸のドラゴンの代表との会合が予定され、事務レベルの経済計画エージェントの設立を話し合う。

又、アイルランド、プロトガル、ギリシャ、スペインは、ローンは不法に行われたものであるとして、銀行に返済を行わないと宣言した。これがムーディーズがシティーバンク、ゴールドマンサックス、バンクオブアメリカ、ドイツ銀行など、114の金融機関の格付けを下げた理由である。



これらはFRBを所有する金融機関で、ペンタゴンのソースによると、FRBは間もなく閉鎖される。言い換えれば、これらの国は、デフォルトを宣言し、その負債を支払うのは、一般市民ではなく、銀行である。

世界銀行、クレディ・スイス、インド銀行総裁の辞職、及びゴールドマンサックスの総裁の計画辞職はハザール銀行独占体の完全な解体の始まりである。あらゆる詐欺によって作り出された金は、世界の金融コンピューターシステムから抹消されると、この解体に携わっている者は言う。

イタリアでの6兆ドルの詐欺の場合は、主要な集合体宣伝メディアが報道した、始めてのケースであることが注目される。イタリアの新聞も、今ではダボス世界フォーラムに対するネイル・キーナンによる訴訟、ベルルスコーニ、国連による1兆ドルの窃盗事件などについて報道している。



8人の逮捕はフリーメーソンのP2支部に対して取られた行動の具体的なしるしである。これは、これまで法律を無視して行動をし、バチカンや国連のような機関の上に立っていた人たちがもはや逮捕から逃れられないことを意味している。

英国上院でのブラックヒース卿による告知では、15兆ドルがインドシナ皇室の家族から、FRB議長のベン・バーナンキ、米国財務長官のティモシー・ガイトナー及びユウスケ・ホリグチによって盗まれた、と言う。これはもう一つの大変化のしるしである。この上院での証言のうちで、最も面白いことは、サッスーン卿という名前が挙げられていたことである。



サッスーン家は、アヘン戦争と日本の植民地化で利益を得たファミリーで、この名前がとうとうスポットライトを浴びたことが面白い。サッスーン卿は、証言で明らかなように、15兆ドルの事件ですでに偽証をしている。彼も逮捕されるのものと思われ、査問がすぐに開始されよう。

米国においても同様に、水面下で変化が続いている。ペンタゴンはすでにハザールの悪魔的影響を排除し、企業、銀行、及び専門的組織を支配するよう決定した。組織の中の高位の者の逮捕は、米国医療協会、米国歯科協会、精神医学及び心理学協会、酒場協会、商工会議所、そして言うまでも無く、ワシントンD.C.の一帯について行われる。ペンタゴンのソースによると、特に、製薬、及び化学企業、マイクロソフトやモンサントのような悪魔的な企業も対象となる。

多くのソースによると、ラーム・エマニュエル、カール・ローブ、ポール・ボルフォビッツ、ドナルド・ラムズフェルド、J・ロックフェラー、ブッシュ及び種々のネオコンも逮捕の対象である。これらの告発の根拠は、これらの逮捕が実際に行われてから明らかにされる。その時までは、まだ、実際に起きるのかどうか疑問の余地はある。

(転載終了)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。